【バ美肉】配信または録音をする場合のELASTIQUE PITCHの遅延を曲と合わせる方法(Studio One編)【ボイスチェンジャー】 - Memo Cloud

【バ美肉】配信または録音をする場合のELASTIQUE PITCHの遅延を曲と合わせる方法(Studio One編)【ボイスチェンジャー】

1. 前提 / 前置き

【バ美肉】Voicemeeter Potatoとstudio Oneにてボイチェンのやり方(ELASTIQUE PITCH)【ボイスチェンジャー】

上記の環境が整ってる前提で話を進めますので、まだ設定してない人は上記のURLの状態まで環境を構築してください。

2. VB-CABLE Virtual Audio Device

VB-CABLE Virtual Audio Deviceをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを起動してインストールを行います。

「Install Driver」ボタンを押下します。

「Vincent Burel” からのソフトウェアを常に信頼する(A)」にチェックを入れて「インストール(I)」を押下

インストールが完了したらPC再起動してください。

3. Voicemeeter Potatoの設定

「Mneu」よりSystem settings / Options…」選択します。

「PATCH INSERT」の「in4 Left」「in4 Right」をONにして画面を閉じます。

「A5」押下します。

「WDM: スピーカー(VB-Audio Cable A)」を選択します。

「HARDWARE INPUT4」の「Select Input Device」を押下します。

「WDM: CABLE-A Output (VB-Audio Cable A)」を選択します。

4. ELASTIQUE PITCHと音楽等の遅延確認

  • 「HARDWARE INPUT1」⇒ 「B1」にチェック
  • 「HARDWARE INPUT4」⇒ 「A1」「A5」にチェック
  • 「HARDWARE INPUT5」⇒ 「B1」にチェック

5. Studio Oneの準備 / 確認

左下にある「入力」にて右クリックして「オーディオI/O設定」を押下

「入力」タブから「出力」に切り替えて「追加(ステレオ)」を押下します。

「サブ1」を追加後ポート7/8(「IN#4 Left」「IN#4 Right」)に設定します。

設定後「適応」→「OK」を押下します。

オーディオトラックを追加します。

配信等で歌う曲を先ほど追加オーディオトラックに配置します。

出力先を「サブ 1」に変更します。

入力を「なし」に設定します。

5. 遅延の設定

「表示」より「パフォーマンスモニター」選択します。

「デバイスを表示」にチェックを入れます。

ELASTIQUE PITCHV2の右にレーテンシーが表示されます。(今回は149.4)

「Mneu」よりSystem settings / Options…」選択します。

「OUT A5」に先ほど確認した遅延を入力します。

以上で設定は終わりです。

カラオケ音源(Instrumental)を上記の選択したアプリで流して、Audacityで録音してカラオケ音源とボイスチェンジャーを通した声がちゃんとずれがないか確認してみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA