【バ美肉】PitchToMIDIの使い方(ELASTIQUE PITCH)【ボイスチェンジャー】

1. 前提

【バ美肉】Voicemeeter Potato にてボイチェンのやり方(ELASTIQUE PITCH)【ボイスチェンジャー】

上記の環境が整ってる前提で話を進めますので、まだ設定してない人は上記のURLの状態まで環境を構築してください。


PitchToMIDIとは声の高さに応じてMidiのノートを出力するアプリケーションです。

2. Cantabileの設定

2.1 Cantabile Soloの購入

Cantabile 有償版」 のサイトよりCantabile Soloを購入します。

購入後登録したメールアドレスにライセンスキーが記載されたメールが送付されます。

「Change License…」を選択します。

購入したCantabile Soloの「Email Address」と「License Key」を入力して「Continue」を押します。

「Cantabile Solo」を選択し「Use Selected License」を押下します。

Cantabileの再起動が求められますので「はい(Y)」を押下します。

画面上部に「Bindings」の項目が表示されていたらCantabile Soloの環境は整いました。

3. PitchToMIDI / loopMIDI のダウンロードと設定

PitchToMIDIloopMIDI をダウンロード/インストールして起動します。

loopMIDIの設定

「New port-name;」にお好きな名前を入力し「+」ボタンを押下します。

「My loopback MIDI ports」に表示されたらOKです。

PitchToMIDIの設定

「AudioSetting」を押下します。

下記の様に設定を行ってください。

※ InputはVoicemeeterで設定しているデバイスを選択してください。

設定が終わったら「Start Pitch To MIDI」にチェックを入れます。

※ Pitch To MIDIの設定値は下記の状態にしておけば問題はありません。

4. Cantabileの設定

「Bindings」の選択し「Add Binding」を押下します。

「Input Port – LoopMidi」を選択します。

「Target」にELASTIQUE PITCH 2、2:Voicing を設定します。

補足

PitchToMIDIの「MIDI CH」とCantabileチャンネルと「MIDI Control Num」とCantabileのコントロール番号を同じにしてください。

5. 動作確認

実際にマイクに向かって何か喋って見てください。

Total data / Throughput / sec..に数値が入力されれば成功です。

PitchToMIDIで正常に動いているか確認してください。

またCantabileのELASTIQUE PITCH 2の「Voicing」の値もマイクに向かって何か喋って変化してることを確認してください。


参考動画



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA